薬剤師のよくある転職理由

薬剤師の方の転職理由としては大きく分けて下記5つがあります。ちなみに分かりやすいよう番号振ってますが、多い順のランキングというわけではありませんので誤解ないようお願いしますね。

1、薬剤師のよくある転職理由

1、年収アップのため

年収(お給与)アップ目的に転職される方はとても多く、転職理由の中でも常に上位に入ります。多くのお金が稼げることも薬剤師という職種のメリットの1つですから、大抵の方は今より少しでも多く稼げる職場を求めています。

お金が要る理由としては、例えば子供が生まれたことで養育費に今後たくさんの費用がかかってくることであったり、車や住宅のローンを組んだために毎月の支出が増えた‥などがよくあります。

よくあるケースとしては、病院薬剤師は他の職場よりも比較的収入が少ないので、年収アップを求めて大手の調剤薬局やドラッグストアへ転職される方がとても多いです。

2、 人間関係の悪さ

人間関係の悪さはどんな職種でもあるものですが、母数の多い看護師ほどではなくとも薬剤師も人間関係に悩んで転職を検討する方は上記「年収アップのため」と同じくらい多いです。例えば調剤薬局の場合、管理薬剤師とうまくいかないケースは多いですし、病院であれば薬剤部長や連携をとる看護師とうまくいかないケースが多いですね。

3、労働環境の悪さ

労働環境の悪さも結構多い転職理由となっています。具体的には人手不足により労働時間を通常よりも多く強いられたり、望む有休がとれなかったりするケースになります。

例えば、ママ薬剤師さんは非常に多いですが、「子供の学校行事に出るために必ずこの日はお休みが欲しい」ということは多いですね。しかしそんな日に限って人手がなくて出勤せざるを得なかったり‥など。残業や休日出勤の多い職場ももちろん敬遠されるものです。

4、スキルアップ、キャリアアップのため

スキルアップやキャリアアップを求めて転職される方もいらっしゃいますね。例えば薬剤師として幅広い知識を得たい薬剤師さんの場合は総合病院や大学病院へ行かれます。

一方、特定の分野に関する知識を深めたい場合には単科クリニック前の調剤薬局などに転職される方が多いですね。他にも在宅を学ぶための調剤薬局への転職であったり、一般用医薬品を学ぶためのドラッグストアへの転職があります。

5、家庭の事情(結婚、出産、育児、介護、引越しなど)

さまざまな家庭の事情で転職をされる方は職種を問わず多いものです。特に結婚や出産・育児は女性の大半に一度は訪れるライフイベントですからね。

また、40代以降は親の介護が必要になる方が多いですので、もっと時間に余裕をもって働ける調剤薬局やドラッグストアへの転職をされる方が多いです。引越しは夫の転勤など家族持ちの方の家庭の事情であることが多いですが、一人暮らしの方の個人的な都合による引越しも少なからずあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です