パート薬剤師の時給は?高収入を得るために大切なポイント

1、パート(アルバイト)薬剤師の平均時給は?

パート薬剤師の全国平均時給: 2,200円

薬剤師の職場ごとの平均時給

  • 調剤薬局 ・・・薬局薬剤師の時給は大体2000~2500円です。
  • 病院・・・病院薬剤師の時給は大体1800~2500円です。
  • ドラッグストア・・・ドラッグストアで働く薬剤師の時給は大体2500~3000円です。

2、 パート薬剤師が高収入を得るには?

パートで働く薬剤師の方が高収入を得るためには、企業選びはもちろんですが、職場の種類や時間帯も大事になってきます。 例えば、企業選びで失敗すればせっかく慣れた仕事を経営都合による閉店等で辞めることになるかもしれませんし、職場の種類によってお給料はかなり変わりますし、働く時間帯次第では同じ職場でも他の人より有利な時給で働くことが可能です。

1、企業選びについて

企業選びは経営がうまくいっている大手チェーンがやはり一番安心です。逆に1~5店舗経営の個人薬局などは時給1800円~となっていたり、さらに最初の数か月間の研修時は1500円だったりと時給も薬剤師としてはかなり低いケースが多いようです。

2、職場の種類について

次に働く場所に関してですが、やはり高収入を狙ううえでおススメなのは薬局かドラッグストアになります。このどちらかであれば、経験者であれば時給2,000円以上はまず確実だからです。経験豊富な方であれば時給2500円や2800円という調剤薬局やドラッグストアはたくさんあります。

一方、近年は 病院も かなり時給が上がってきているようで、薬局やドラッグストアに引けをとらない時給のところも多いです。病院によっては時給3000円OKなんていうところもあります。

しかし、病院は最初のお給料が1800円~や1500円~と比較的低くなっているところが多いですし、研修期間も長めです。パートでなるべく早く高収入にたどり着きたい場合にはやはり調剤薬局かドラッグストアがおススメです。

3、働く時間帯について

働く時間帯も大事です。働く時間帯次第で時給が違うことが多々あるからです。高時給で多いのが夕方の勤務です。一般的なパート薬剤師さんが入るシフトはやはり午前中から昼過ぎまでが多いです。

なぜなら薬剤師の6割以上は女性で中には子育て中の方も多く、子供を幼稚園に預けている日中に働く方が多いからです。そうした事情により、夕方15時以降から夜19時や21時までの時間帯の業務では、パート薬剤師を時給2800円以上の高時給で募集しているところも多く見られます。

3、その他高収入のために大切なこと

薬剤師が働く職場‥調剤薬局であろうと病院であろうとドラッグストアであろうと、どこの職場でも給与・手当の欄には「就業条件・経験・能力等を考慮します」などと書かれていることが多いですね。就業条件(時間)が大切なのは上記で示しました。

それ以外のポイントとして、収入を上げるために重要なのはやはり薬剤師としての経験値になります。これまで調剤薬局に勤めてきた年数、管理薬剤師をしてきた経験などは次の調剤薬局採用時における給料決定のための材料として必ず大きなプラスとなります。`以前はこの職務に就いてこれだけの給料をいただいていた’という経験があれば、次の職場ではそうした過去の仕事条件と同等かそれ以上が期待できるのです。

ちなみにブランクがあることを気にされる方が多いようですが、採用側としてはどこの職場でも数年程度のブランクはほとんど気にしません。少し働けばすぐに仕事勘は戻るものです。20年も30年も空けば別かもしれませんがね。大切なのは確かな経験があるということなのです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です