薬剤師がやりがいを感じるとき

薬剤師の方が働く職場には薬局、ドラッグストア、病院の3つをメインとして製薬会社などの一般企業もあります。そのそれぞれの職場で感じられるやりがいは違ってきます。

やりがいを感じることができるというのはお仕事を続けていく上でとても大切なことです。どんな仕事でもやりがい0では続きませんからね。ここでは各職場で薬剤師の方が感じているよくあるやりがいについてご紹介します。

薬局薬剤師

  • 患者さんとコミュニケーションをとれる時
  • 自分が調剤した薬で患者さんが良くなっていることを知った時
  • 患者さんから色々と質問をされた時
  • 患者さんからお礼を言われた時
  • かかりつけ薬剤師になれた時

ドラッグストア薬剤師

  • 常時給料が高い
  • 患者さんの症状に合わせてOTC薬を選んであげられる
  • 患者さんから薬について相談を受けた時
  • 薬の説明をきちんと聞いてもらえた時
  • OTC薬の知識が増やせる

病院薬剤師

  • 製剤や注射薬など多岐にわたる薬を扱える
  • 医療チームの一員として患者さんや他のさまざまな医療スタッフと関われる
  • 自分が提供した情報が治療に役立った時
  • 患者さんのカルテを見ることで自身のスキルアップにつながる
  • 患者さんやそのご家族から感謝の言葉をいただけた時

製薬会社薬剤師

  • 患者さんの治療に自社の薬が使われる
  • 新薬開発に成功した時
  • 開発した薬に関して国から認可が下りた時
  • 治験がスムーズに進行した時
  • 友人や知人が自社の薬を使っていることを知った時

やはり同じ薬剤師と言っても職場によって仕事内容も違えば接する人も違いますので、やりがいもさまざまですね。本記事でご紹介した各職場のやりがいが、転職や異動をお考えの薬剤師の方のお役に立てれば幸いです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です