薬剤師になるための大学おすすめ【2020年】

薬剤師になるための薬学が学べる大学は2020年時点で全国に国立14大学、公立4大学、私立56大学を有します。国立14大学は北海道大学、東北大学、千葉大学、東京大学、富山大学、金沢大学、京都大学、大阪大学、岡山大学、広島大学、徳島大学、九州大学、長崎大学、熊本大学です。

公立4大学は山陽小野田市立山口東京理科大学、岐阜薬科大学、静岡県立大学、名古屋市立大学です。私立大学は数の多さにより割愛させていただきます。

ここでは2020年(令和2年)の第105回薬剤師国家試験を含め、過去5年間の薬剤師国家試験のデータを元に合格率が高かった実績のある大学を、薬剤師になるための大学おすすめBEST5として国公立・私立別にご紹介します。

薬学生

(下記にある国公立大学は全て、一般社団法人薬学教育評価機構が定める薬学教育評価基準で「適合」と認定されている大学です。)

参考:厚生労働省-第105回薬剤師国家試験 大学別合格者数

【▼薬剤師になるための国公立大学おすすめBEST5】

おすすめ1: 金沢大学

  • 平均合格率: 95.32%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 40~45名

・・・金沢大学は1949年に設置された石川県の国立大学です。略称は「金大」。薬剤師志望の方向けに6年制の医薬保健学域薬学類を設置。また、金沢大学では2020年時点で世界43か国201大学と国際交流を行っています。全学部を対象に海外への派遣留学を年数回に分けて募集・実施。単位にも繋がる短期留学プログラムもあります。

おすすめ2: 九州大学

  • 平均合格率: 92.39%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 40~47名

・・・九州大学は1911年に福岡市に設置された老舗の国立大学です。略称は「九大」。九州大学では薬学部に加えて「大学院薬学府」「大学院薬学研究院」を設置。薬剤師になる他にも薬学の研究を続けられる環境が整っています。また、九州大学は2020年時点で世界46か国331大学と協定を締結。短期留学・交換留学のプログラムを実施しています。

おすすめ3: 広島大学

  • 平均合格率: 90.35%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 42~49名

・・・広島大学は東広島市に本部を置く国立大学です。1949年に設置。略称は「広大」。広島大学では2020年時点で世界53か国334大学と国際交流協定を締結しており、多彩な留学プログラムを実施しています。広大薬学部は在籍中の学生からの声によりますと設備充実、立地がいい(駅近)、先生は熱心‥とさまざまな点で好評です。

おすすめ4: 北海道大学

  • 平均合格率: 87.55%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 31~41名

・・・北海道大学は北海道札幌市に本部を置く国立大学です。1918年に設置。略称は「北大」。シンプルに文学部・理学部などの基本学部が網羅されており、薬学部ののちには大学院の薬学研究院も設置されています。

北海道大学は2020年時点で51か国198大学と大学間交流協定を結んでおり、学生は春休み・夏休みの時期などに北米・欧州・アジア各国への短期留学を盛んに行っています。

おすすめ5: 静岡県立大学

  • 平均合格率: 87.06%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 98~118名

・・・静岡県立大学は静岡市に本部を置く公立大学です。1987年に設置。薬剤師志望の方向けの6年制薬学部を始めとして、教育・研究・地域貢献・国際交流などに関する計5つの学部が設置されています。

静岡県立大学は2020年時点で世界16か国27大学と交流協定を結んでおり、留学プログラムが実施されています。また、各学部が独自に協定を締結している海外の大学もあり、本大学薬学部はタイやニュージーランドの大学とも繋がっています。

大学

国公立大学で2020年から過去5年間の薬剤師国家試験合格率が高いところは上記結果になりました。ただここで1点だけ踏まえておきたいことがあります。それはご覧の通り、国公立大学と私立大学(下記記載)の各薬学部とでは、そもそも薬剤師国家試験の受験者数にかなりの開きがあることです。

薬科大学は別として、幅広い学部を併せ持つ国公立大学は薬学部の募集定員が平均して1学年80人程度となっています。さらにこの80人の中には、薬剤師国家試験は受けずに大学院に進んで研究者になる人が一定数居ます。

大学院の研究者や製薬会社等の研究者になる場合、薬剤師資格は特に必要としません。ゆえに国公立大学薬学部生はそもそもの薬剤師国家試験受験者数が少ない実情があるのです。

薬

【▼薬剤師になるための私立大学おすすめBEST5】

おすすめ1: 医療創生大学

  • 平均合格率: 91.60%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 36~75名

・・・医療創生大学は福島県の私立大学です。旧いわき明星大学。2019年4月に「医療創生大学」に名称変更。略称は「ISU」。東京の明星大学と兄弟校として連携しています。薬学教育評価機構が定める薬学教育評価基準で2019年に「適合」と認定。マレーシアとシンガポールの2大学と学術教育連携協定を締結しています。

おすすめ2: 名城大学

  • 平均合格率: 91.30%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 241~286名

・・・名城大学は名古屋にある学生数1万5千人を超える文理合わせた総合私立大学です。薬学教育評価機構が定める薬学教育評価基準で「適合」と認定。また、名城大学薬学部では教育の国際化にかなり力を入れており、アメリカの南カリフォルニア大学を始めとした海外5校と海外学術交流協定を結んで盛んに交流を行っています。

おすすめ3: 京都薬科大学

  • 平均合格率: 89.07%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 374~448名

・・・京都薬科大学は京都市にある有名私立大学。大学の略称は「京薬」「KPU」。こちらもアメリカボストンにあるMCPHS大学(薬学・健康科学専門の私立大学)などを始めとした海外9校と国際学術交流協定を結んでいます。

おすすめ4: 明治薬科大学

  • 平均合格率: 88.02%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 322~354名

・・・明治薬科大学は1949年に設置された東京の老舗私立大学です。長年安定して高い薬剤師国家試験合格率と就職率を誇ってきました。薬学教育評価機構が定める薬学教育評価基準でも2018年に「適合」と認定。認定薬剤師研修制度もあり。カナダ・イギリス・タイにある海外提携校への短期留学も可能です。

おすすめ5: 東邦大学

  • 平均合格率: 87.72%
  • 薬剤師国家試験の年間受験者数: 240~258名

・・・東邦大学は東京都大田区に本部を置く私立大学。薬学部キャンパスは千葉県船橋市にあります。1950年に設置。14か国35大学(組織)と学術交流協定を結んでいます。近年では、東邦大学薬学部はアメリカ・ポーランドにある提携病院への国外実習が盛んに行われています。


私立大学薬学部は一部を除いて募集定員が200~400人程度と多くなっており、そのほとんどの学生が薬剤師を志して薬剤師国家試験を受験します。ただし、薬剤師国家試験は誰でも受験できるわけではありません。

薬剤師法第15条第1号において

「薬剤師国家試験の受験資格は、6年制薬学課程を修めて卒業した者」

とあります。つまりどの大学であってもそこの薬学系学部の卒業試験に合格しなければ薬剤師国家試験は受けられないということです。薬学生にとって卒業試験というのは、文字通り6年制薬学部を卒業できるか否かを賭けた勝負となる試験ですが、同時に薬剤師国家試験の受験資格を得るための試験でもあるのです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です