薬剤師におすすめの勉強本

「薬剤師として知識を深めたい」「年収アップ・キャリアアップのために勉強したい」という場合には本を読むこともとてもおすすめです。ここでは実際に転職をして年収アップやキャリアアップを果たした薬剤師の方が注目する、薬学全般、抗菌薬、小児科、輸液、緩和ケアなど各種分野でおすすめする本をご紹介します。

1、薬学全般を学ぶ

  • 薬局で使える実践薬学
    • 著者:山本雄一郎
    • 出版社:日経BP社
    • 発行年:2017年

薬局で使える実践薬学

新品価格
¥6,380から
(2020/7/17 15:02時点)

「薬局で使える実践薬学」は、薬学における幅広い内容が対話形式で記載されていますので楽しく読み進めることができます。大学で習った薬学の知識を実際の業務に活かすポイントを教えてくれます。


  • 誰も教えてくれなかった実践薬歴
    • 著者:山本雄一郎
    • 出版社: じほう
    • 発行年:2018年

誰も教えてくれなかった実践薬歴

新品価格
¥3,300から
(2020/7/17 15:22時点)

「誰も教えてくれなかった実践薬歴」は、薬剤師にとって大切なツール「薬歴」に焦点を当てた1冊です。症例ベースで薬学管理の実践的な考え方を学ぶことができます。新人からベテランまで全ての薬剤師におすすめです。

著者の山本雄一郎さんは元薬局薬剤師で、2017年4月より熊本大学薬学部臨床教授に就任。薬剤師さんのための情報サイト「日経Dl Online」で2014年1月から始まったコラム「薬局にソクラテスがやってきた」で知られています。

  • 薬局ですぐに役立つ比較と使い分け100
    • 著者: 児島悠史
    • 出版社: 羊土社
    • 発行年: 2017年

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

新品価格
¥3,800から
(2020/7/17 15:32時点)

「薬局ですぐに役立つ比較と使い分け100」は第50回日本薬剤師会学術大会先行販売にて完売し、売上1位を記録。「この薬、前の薬とどこが違うの?」と聞かれ、困った経験のある薬剤師も多いはず。類似薬の違いや具体的な使い分け方を豊富なエビデンスに基づいて分かりやすく解説された1冊です。全ての薬剤師さんにおすすめ!

著者の児島悠史さんは薬局薬剤師、薬学修士。ブログやツイッターで科学的根拠に基づいた医療情報を発信中です。大学や薬剤師会の研修会の講演、書籍・雑誌の連載にも携わる。

2、抗菌薬を学ぶ

  • わかる抗菌薬(Essence for Resident)
    • 著者: 天沢ヒロ
    • 出版社: 医学書院
    • 発行年: 2017年

わかる抗菌薬 (Essence for Resident)

新品価格
¥3,672から
(2020/7/17 15:38時点)

「わかる抗菌薬(Essence for Resident)」は、菌は色と形で、抗菌薬はキャラクターで描かれ、視覚的に楽しく学べる単行本です。現役薬剤師さんの口コミも含めて「簡潔にまとめられていて分かりやすい!」「抗菌薬に対する苦手意識を拭えた」とアマゾンで5つ星の高評価をしているほどの良書です。

3、小児科を学ぶ

  • 小児の薬の選び方・使い方(小児科専門医の手の内を公開!)
    • 著者: 横田俊平
    • 出版社: 南山堂
    • 発行年:: 2015年

「小児の薬の選び方・使い方(小児科専門医の手の内を公開!)」は、小児科医が日々の診療でよく遭遇する23症状・48疾患について、薬を選んで使うまでのステップを分かりやすく解説。小児を診る全ての医師・薬剤師に必携の1冊です。2020年4月にはシリーズ第2版が発売されました。

4、輸液を学ぶ

  • 新・薬剤師のための輸液・栄養療法(第2版)
    • 著者: 東京都病院薬剤師会
    • 出版社: 薬事日報社
    • 発行年: 2018年

新・薬剤師のための輸液・栄養療法 第2版

新品価格
¥2,200から
(2020/7/17 15:49時点)

近年はNST(栄養サポートチーム)の一般化に伴い、栄養療法がますます重視されるようになりました。「新・薬剤師のための輸液・栄養療法(第2版)」では前版より腎疾患と肝機能障害における栄養療法について新章を設け、病棟薬剤業務により役立つようになりました。

5、緩和ケアを学ぶ

  • ここが知りたかった緩和ケア(増補版)
    • 著者: 余宮きのみ
    • 出版社: 南江堂
    • 発行年: 2016年

ここが知りたかった緩和ケア(増補版)

中古価格
¥905から
(2020/7/17 15:52時点)

緩和ケアの専門医が教える。「ここが知りたかった緩和ケア(増補版)」は緩和医療の現場で意外に知られていない薬剤の使い方やケアのコツを概念図も踏まえて分かりやすく解説しています。

2011年発売の第1版「ここが知りたかった緩和ケア」に呼吸器症状(呼吸困難、せき、たん)など要望の多かった項目を追加した増補版です。緩和ケアに携わる医療者全般に対して、特に在宅薬剤師業務を行う薬剤師にも強くおすすめする1冊です。


  • ここが知りたかった緩和ケア(第2版)
    • 著者: 余宮きのみ
    • 出版社: 南江堂
    • 発行年: 2019年

ここが知りたかった緩和ケア(改訂第2版)

新品価格
¥3,190から
(2020/7/17 15:56時点)

「ここが知りたかった緩和ケア(第2版)」は、前作増補版刊行後に新たに登場したオピオイドや便秘治療薬に関する情報を盛り込み、さらに臨床で役立つ内容に進化しました。アマゾンでも読者の皆さん4つ星以上の評価を付けている良書です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です