薬剤師はAIに代替されて要らなくなる?AI時代の今後の薬局薬剤師

薬剤師と患者

近年はAIの登場によりこれまで人がやってきたさまざまな職種がAIにとって替わられる(淘汰される)懸念が出てきています。薬剤師の仕事もそうした懸念される職種の1つとしてよく話題に上がります。

では薬剤師の仕事は今後AIに完全にとって替わられる可能性があるのでしょうか?いいえ、決してそんなことはありません。なぜなら、AIが薬剤師の仕事の全てを行えるわけではないからです。

AIが得意とするのは周知の通り計算や単純作業ですから、例えば薬局薬剤師の仕事の中でいえば医薬品の調剤などの「対物業務」になります。

処方箋に記載されている薬を記載量取り揃えたり混合したり、場合によっては服用時点ごとに一包化したりなどを行って用意する業務です。こうした業務がいずれかの形でAIに置き換わる可能性は確かにあります。

一方、それ以外の薬局薬剤師の仕事は「対人業務」がメインになります。患者への服薬指導や服用状況、残薬の有無、2回目以降の処方であればこれまでの利用で副作用があったか否かなども確認するこれら業務に関しては、AIに置き換わることはまずありません。

仮にAIがこれら対人業務をできたとしても、患者側からすればコンピュータ相手のコミュニケーションで成り立つ世界ではありませんからね笑)。

また、近年はAIの影響もありますが、更なる高齢化社会への突入により、薬剤師も在宅医療への関与が求められるようになりました。これまでは基本患者側から薬局まで出向いて服薬指導を受ける形でしたが、今後は薬剤師のほうから患者宅へ出向いて服薬指導を行ったり服薬状況をチェックする機会も増えてくるでしょう。

そうしたことも含め、今後の薬局薬剤師は基本薬を扱う(調剤する)時間が減ってきて、その分は患者を前にした対人業務を行う時間に置き換わっていくと考えられます。

また、例えば現在日本でも当たり前になりつつある医薬分業は、すでにそれが古くから根付いているドイツを模範としたものです。ドイツでは人が体調を崩したとき、軽度であれば大抵まずは近くの薬局に足を運んで薬剤師に相談します。

よくある日本の閑散とした薬局とは全然違うドイツ薬局の光景が容易に想像できるのではないでしょうか。日本も段々とそうした方向へ進んでいく可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です